CB400F曲線美シートでカフェレーサー演出

原付のCD50やHONDAのドリームが
『カフェレーサースタイル』っぽいと思い
ますが、あなたはどう思いますか?
 日本で昔大流行し、今となっては
カスタム、スタイルの一つの主流とも言える位置まで
来たカフェレーサースタイル。

 国内でいち早くその流れを取り入れた
のがCB400Fだと言われています。

また、国内で唯一の中型4気筒エンジンを搭載した
バイクもCB400Fです。
 当時CB400Fを取材したバイク雑誌の記事は
ほとんど「CB400Fのフォルムはカフェレーサー
スタイルに近い」という内容だったといいます。

 元々カフェレーサーはイギリスやヨーロッパの
辺りで、実際のレースで走るマシンのように
バイクをカスタムしてカフェに持ち寄ったことから
発祥したと言われています。

 ロングガソリンタンクにショートの
シートにローハンドル、シートカウル。

 いかにも空気抵抗を意識したレース仕様が
そのままスマートで曲線美あふれるスタイルに
なりました。

 そのためCB400Fのカスタムに
おいてもシングルシートか波打つような丸っこい
シート、シートカウルにロングタンクという
カフェレーサーな部分を活かした仕様が目立ちます。

 スタイルが元々近いだけに、それが一番無難とも言えるでしょうね!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。